建築 建設 建物 建材 八丈島

八丈島の建築、建物、建材、土地、生活に付いて述べます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

土地 (八丈島)

 土地 (八丈島)

土地 (八丈島)は、八丈島自然土地の利用(農業林業を含む)のされ方、又そのあり方、望ましい自然を生かす為の、土地利用土地開発を考えると共に、最近の土地建物売買物件(八丈島不動産取引情報、その問題点)、等 多くの情報を提供したいと思います。


八丈島は国の、伊豆箱根富士国立公園法により国立公園として自然保護されて下ります。

狭い八丈島の面積、この中で自然を壊さない土地利用 土地を利用する事で尚更自然が美化されいきてくる、生き生きした自治体を作り、これが土地利用の目的です。


八丈島の気候はご存知のモンスーン気候で 雨量 湿気は国内での有数だ、土質八丈富士系溶岩 三原系火山灰だ。

火山灰粘土質八丈富士系溶岩砂礫系に比べると 当然保水力が強く水量は多くかつてから三原は水田も多く過去に於いて 量はともかく 米の生産地だった。

しかしながら 戦後 米の生産よりも観葉植物の生産の方が産地として形成されると共に 田圃 がフェニックス畑に変わり、観葉先進地として発展をなしてきた。


日本は海外貿易型先進国、海外との貿易により経済発展を遂げた 又 八丈島は日本を写す鏡と言われる。

つまり 食生活を犠牲にし発展した、日本円が まだ1ドル300円以上で 沖縄の返還も無い時期、八丈島が東洋のハワイと言われ、高度経済成長の最中 人々の南国への憧れは強く老女男女を問わず余暇を過ごすため八丈島を目指した。

基幹産業においても 日本人の生活の向上(最近使われない言葉だが エンゲル係数の向上)と共に 人々の観葉植物への憧れ(取りも直さず 南国文化への憧れ)が進み、八丈島観葉植物の全盛時代が始まった、日本の観葉植物産業の繁栄は八丈島の繁栄でもあった 八丈島が全国シェアの殆どを占めていたからだ。

国内の地方全てそうだが、戦前の八丈島農業漁業基幹産業で人々は 野菜雑穀を作り 又、カヌーで沖へ小魚をとりに、一部は黄八丈により生計を立てていた。

土地の利用肥料の無い過去に於いて 焼畑が一般的だった。

焼畑による切り替え畑樹木を切り木炭に、残った枝など焼き 灰を肥料雑穀野菜を作り、利用後は 又 樹木を植え山林に戻す ゴミの出ない 究極のリサイクル社会だった。

酪農も戦前より盛んで むしろ日本酪農を考える上で八丈島の果たした役割は大きい、過去においては 自家消費は勿論だが、本土へ出荷する、外貨獲得のための手段、産業だった、 生乳が本土へ出荷できないので バターなどの加工品として出荷され、森永乳業がその加工、産業の促進を担った、今で言えば 町の行政による 産業の育成に近いことをやっていた。

又 八丈島日本の酪農に於いて先駆的なやく割りを果たしたという下りは 当時 欧米の酪農は 地に着いた産業であったのに対し 日本に於いては手探り状態で 実験が必要だった、南国八丈島で 

冬場でも青草がある温暖な八丈島で牛がどのような成長を見せるか、また乳量は、森永乳業にとっても日本拓農にと取っても正に注目に値する実験だった。


  推薦ホームページ

フレック不動産 http://www.d5.dion.ne.jp/~namio.k/nonamel4htm.htm


八丈島の生活 http://www.k2.dion.ne.jp/~namio/noname2.index.htm






“土地経済概論” 八丈島 ― 抜粋<論文提出者 菊池 実>

 土地は、個人の所有物 (公有地を除く) であり、所有権があるが、しかし自然材(地球)であり国民共有の財でもあります、この矛盾した論理を如何判断するのだろう。

土地は、金銭(利益)を生む経済財でその価値は 一般的に、経済活動の活発な地域かどうかによって値打ちが違う、農地に於いても同じで その収穫量、つまり利益をどれだけ生むかで、無論 観光地、山林、に付いても同様。

個人材なれど 国民の公共財、その利用のしかたは 個人に任せられない、常に“公共の利益の為に” を同時に考え、コミュニテイ、また “国の福祉たらん” とし、土地利用は大変重要な使命を持ちます、不動産業者また 個人も常に その理念を念頭に置かなければ 住みよい社会は決して生まれないので、国民共有のコンセンサス(同意)が必要な所です。

私達の八丈島に於いても そのように在りたいところですが 一番肝心な 行政にその意識が欠けているので、 住民からコンセンサスを膨らませていく努力が必要で 草の根現象を期待したいし 常にそう努力したい、ここも行政の質が問われ同時に 住民も試される 極めて重要な部分です。


八丈島ギャラリー

八丈島ゆかりの作家 絵画 写真 陶芸 等 を掲載します。 

 
kanosue ritll1

     作 彼末 宏


八丈島ギャラリー
写真 絵画 彫刻等 八丈島にちなんだ作家の作品を掲載して行きます。
kanose1ritll.jpg


作 彼末 宏 

彼末先生は生前八丈島で良く制作をなさっておられました。


25.9.22




スポンサーサイト

テーマ:不動産 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/04/23(月) 14:50:00 |
  • |
  • #
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/01/20(日) 07:57:18 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dandei7.blog71.fc2.com/tb.php/5-9c65f0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

dandei

Author:dandei
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。